ストーリーとインスピレーション

あなたのグループが大切な理由と他のグループのストーリーや記事がやる気を起こす理由

  •  

    グループにやってくる理由は人それぞれ

    メンバーがグループにジョインする主な理由は...



    何かを学ぶため

    何かをするため

    仲間と交流するため

    Meetupグループは、共通の目的を持つ仲間のコミュニティ。人と人のつながりが大切で、誰でも気軽に来れて、情熱がいっぱいの場所。グループのホームページでそれを表わそう。

    誰もがイベントに参加したくなるようなMeetupグループづくりのヒント:

    心がけよう: 説明文は、歓迎の気持ちをこめて正確に。

    活動の内容を明確に。地域のブッククラブやコーディングのクラスなど、探しているものがあなたのグループ活動とぴったり一致している人がいたとしても、説明文が短すぎたり、逆に詳しすぎたりしたら、ジョインするのをためらってしまうかも。バランスが大事。

     

    メンバーになるかもしれない人に、グループの雰囲気を伝えよう。参加者に期待すること、また参加するとどんな経験が得られるかをはっきり書いておこう。

    避けよう: ルールばかりを書き連ねた概要説明文。

    説明文では、自分たちのコミュニティのポジティブな要素に焦点を絞り、ジョインしてもらいたい理想のメンバー像を描こう。

    心がけよう: 自分の人柄が伝わる写真を選ぶ。

    オーガナイザープロフィールには、自分の顔がはっきり写っている写真を使おう。いい写真があると、将来のメンバーに生身の人間のあなたを認識してもらえ、会う前からなんらかの信頼が生まれるかも。

    カバー写真は過去のMeetupイベントから選ぶべし。グループ写真がまだなくてもOK!グループの「らしさ」をよく表す写真を選ぼう。

    避けよう: 写真ナシやよくあるストック写真の使用。

     

    プロフィールやイベントページに写真がないなんて、ああ、もったいない!いい写真はあなたやメンバーのことを伝えてくれる何よりのツールです。



    心がけよう: カレンダーをワクワクするイベントで埋める。

    Meetupイベントがひとつ終わったら、なるべく早く次のイベントをスケジュールしよう。新しいアクティビティのアイデアを募ったり、メンバーに楽しみにしてもらえる何かを提供しておくことが大事。一定間隔で、かつ自分にあったリズムを見つけよう。

     

    避けよう: 自分が参加できないイベントの掲載。

    自動的にリピートされるMeetupイベントがあるとカレンダーが埋まる利点があるものの、管理を怠らないよう注意。自分が参加できないMeetupイベントはキャンセルし、メンバーにその旨をきちんと連絡しよう。



    Meetupグループのオンラインページが整っていると、実際のMeetupイベント体験の向上に役立ちます。きちんと時間をかけて、グループのホームページをベストな状態にしておこう!

    メンバーがMeetupグループに集まる動機は?
  • Meetupグループのオーガナイザーになるとたくさんの恩恵が得られます 

    1_6qPLHi-tcCKR4QyNPFlTLA.jpeg

    新しいスキルを学ぶ、元々あるスキルに磨きをかける、特定の目的を達成する、永遠の友情を築くなど、コミュニティの運営には見返りがあります。

    新しいスキル

    「NYCタイニーハウスビルド: 女性や女子を活性化するためのMeetup」のオーガナイザーであるイボンヌさんは、お気に入りのリフォーム番組で見た道具の使い方がなぜわからないのか疑問に思ってMeetupを始めました。彼女は頭にあったシンプルな前提を掲げ、最初のMeetupを投稿しました: 誰か電動のこぎりを一緒に使いたい人はいませんか?

    「電動のこぎりを使うのがちょっと怖かったんです。だからここにも同じような女性がいて安心しましたし、このような人は私一人だけじゃないと思えました。これから一緒に学んでいく予定でした!」

    多くのMeetupイベント後、メンバーは自信を持って電動のこぎり(そしてたくさんの他の道具も)を使用しています。彼女のコミュニティの恩恵は増え、進化しました。「道具の使い方を学ぶと言って始めたんですが、今は乗り物を作る予定です。これを通じて他の女性が また別の 女性から道具の使い方を学びます。」とイボンヌは話しました。

    コミュニティの繁栄

    ジェイスとヤスミンは、使える石窯を見つけて他の人たちと料理を始めるという1つの明確な目標を掲げて「ブリックオーブン ブルックリン」 を始めました。ニッチな関心から始まったものがコミュニティとなり、1つの石窯ではもはや足りないほどに成長しました。

    協力してクラウドファンディングで大きな石窯を提供してもらい、今では調理を楽しめるオープンなMeetupイベントを主催しています。このイベントではコミュニティの誰でも食材を持ち込めます。念願の小さな料理コミュニティは拡大し、食材を持っている近隣の人も参加しています! 現在の記録は3時間で94枚のピザを焼きました。

    固い友情

    すべてのMeetupオーガナイザーが、なにか新しいものを作ることを目標にしているわけではありません。時には、以前大好きだったものの再発見を目的としてコミュニティが作成されます。ライアンは、高校時代のバンドが恋しい、音楽が趣味の人を見つけるために 「ノースブルックリン ブラスバンド部」 を作りました。彼の唯一の願いは、取得した音楽の学位のはけ口を見つけることでした。1年もせずに、彼のMeetupは日曜午後のジャムセッションからパレードギグをするまでに成長しました。「こんなにすばらしくて音楽もできる人たちのグループの一員になるなんて、学校のマーチングバンド以来です。このMeetupは単なる週一の活動ではなく、もはや家族ですね」とライアンは感想を述べました。

    Meetupイベントのオーガナイザーになるとたくさんの恩恵が期待でき、中には驚く ようなものもあるでしょう。

    グループ主宰の恩恵
Meetup Organization Network logo

Want to learn more in person. Join the orgaizer network and see if there is a real life Meetup happening around you. There be people who have done this before, ready to help and you can be part of something special.

Join the org network