グループの成長と発展

リーダーシップチームの構築とグループを成功させるためのヒント

  •  

    Meetupでは、コミュニティの成功例に標準モデルを設けていません。

    成功しているMeetupグループは、それぞれがユニーク。でも、唯一の共通項は、Meetupで人が集まっているということ。

    Meetupは多種多様。例えば好きな小説について語り合う5人の親密なグループ、初参加するフルマラソンに向けて特訓する50人のランナーのグループ、お互いの体験から学び合う何十人もの起業家のグループなど。他にも、考えうる限りのグループはほぼ実在していると言えるほどです。

    「成功」の意味は、各オーガナイザーによって異なるもの。あなたにとっての成功とは何かを決めることから始めては。

    あなたのMeetupのインスピレーションは何?

    長い目で見て、自分のグループで達成したい目標は?初マラソンを完走することから、ビジネスを一緒に立ち上げることまで、何でもOK。

    自分に特技があって、世の中とそれを分かち合いたいケースもありますよね。Meetupを通じて、ヨーガや絵画のよさを人に伝えたり、人前でスピーチする時の秘訣を伝授したり。

    また、推理ものや犯罪捜査オタク仲間、スポーツ狂仲間、または海外駐在者がオフラインで集まり交流するMeetupなど、共通の趣味や経験から生まれたMeetupもよく見かけるケース。

    あなたのMeetupの理想のサイズは?

    あなたが求めているのは、数人の気の置けない仲間での親密な会話かもしれないし、グループの使命を推進するため大勢の仲間をボランティア活動に導き入れることかも。ひいては、世界中に飛び火するようなコミュニティを目指している人もきっといるはず。

    Meetupのサイズを再考してみるのも一案。誰が来るにせよ、パワフルなMeetupにするために適切なサイズは?

    どんなタイプのオーガナイザーになりたい?

    船長のような役割を果たすオーガナイザーもいます。知識を伝授し、毎回のMeetupを牽引し、皆がそれぞれの目標を達成できるよう航路を正確に決定していくのが船長タイプ。

    その一方で、リーダーシップチームをつくって、信頼できるメンバーと一緒にイベントを計画し、何でもチームワークで進めるタイプのオーガナイザーもいます。

    グループのもともとの理念は、コミュニティが成長し発展するとともに変わって行くこともあります。でも、各決定は、やはり当初の理念に基づいているべきです。

     

    Meetupグループを成功させる鍵は?
  • Meetupグループをつくったこと自体がすごいこと。その勢いに乗って、仲間を見つけ、コミュニティを成長させよう!

    1_IEWB6sdRfc_gCwtSwwBT5Q.jpg

    新しいMeetupグループが設立されると、あなたが作成時に選んだ関心トピックに基づいて、同じ関心を持つメンバーに告知されます。でも、それ以外の場所にもぴったりのメンバーが必ずいるはず。

    ソーシャルでいる

    告知しよう!

    • MeetupグループのURLをFacebookやTwitterでシェアしよう。友達の友達の中にメンバーとしてぴったりの人がいるかも。
    • 自分のMeetup用のInstagramハンドルやハッシュタグをつくって、メンバーに写真を投稿してもらおう。
    • 他のサイトでも自分のMeetupグループをシェア。例えば、ビデオゲームのディスカッショングループに活発に参加しているなら、リアルライフでのゲームMeetupグループをつくったとお知らせしよう。

    見つけてもらう

    • Googleその他の検索エンジンは、Meetupも含め無数の公開ウェブページにアクセスしています。あなたがさまざまな人や場所や事象をGoogle、Bing、またはYahooで検索するように、あなたのグループにふさわしい誰かもコミュニティを求めて検索エンジンを使っています。彼らがあなたを見つけられるようにしよう。
    • Meetupグループの名称を有効でユニークなものに。場所+形容詞+活動は有効な公式。
    • グループのソーシャルメディアページへのリンクを貼る。グループ用のInstagramやTwitterハンドルがあるなら、Meetupグループのホームページにリンクさせることを忘れずに。
    • 明確な概要説明文を書く。最初の文に誰のためのコミュニティかを明記し、そのあと詳細を書くように。

    コミュニティとのつながり

    ハイキングギアを買う贔屓のショップがあるなら、Meetupグループのアウトドアイベントのチラシを店内に貼ってもらえないか頼んでみよう。ジャムセッションに参加希望のミュージシャンを探しているなら、音楽団体のニュースレターに自分たちのMeetupへのリンクを貼ってもらえないか頼んでみよう。

    以下のような、より一般的なコミュニティスペースでも、Meetupグループの詳細を告知・共有できるチャンスがあるかも (もちろん、必要な許可を取ることが前提):

    • 図書館
    • コミュニティセンター
    • 大学のキャンパス
    • コワーキングスペース
    • コーヒーショップ
    • リハーサルスタジオ

    継続的な活動

    • アクティブなメンバーに宣伝塔になってもらう。友達を連れてきてもらったり、情報拡散の手助けを頼もう。
    • Meetupイベントをどんどん企画。グループの活発さを見れば、ジョインする見込みのある人に、そのコミュニティがリアルで影響力があると知ってもらえるはず。彼らを仲間として歓迎できる機会をたくさんつくっておこう。
    • 覚えておきたいのは、多くのグループは親しい数人から成る小さなコミュニティとして始まった、ということ。自分のメンバーに注意を集中させている間に、仲間は増えていくもの。

    もっとアドバイスが必要?地域のオーガナイザーとつながってアイデアを交換しよう。

    Meetupグループを宣伝するには
  •  

    コミュニティが育ってくると、イベントを予定したりコミュニケーションを図っていくことが一人では難しくなることがあります。

    リーダーシップチームをつくるメリット:

    仕事量を分散できる: リーダーを増やすことで、グループ管理の責任の一端をその人 (たち) に委ねられる。

    メンバー間の協力を促せる: リーダーを増やすことで、彼らに自信を持ってリーダーシップのスキルを学んでもらい、コミュニティ内の信頼を築ける。

    メンバーの努力に報いる: リーダーシップの役職への任命は、あなたがそのメンバーの情熱やアイデアを高く評価していることを伝えられるいい方法。

    他に何人リーダーが必要か、どんな責任を担ってもらうかは、あなた次第。

    共同オーガナイザー: 共同オーガナイザーはあなたの右腕役。グループの使命をまさに体現するような役割。

    ある地域のMeetupグループを丸ごと共同オーガナイザーに任せようと思っている場合は、何らかの審査過程をつくるのが大切。

    すべての共同オーガナイザーには、他のメンバーへのメール送付、またグループの外観やプライバシー設定を変更できる権限が与えられる。

    アシスタントオーガナイザー: 共同オーガナイザーと同様、アシスタントオーガナイザーもあなたのコミュニティの代表者。

    理想のアシスタントオーガナイザーは、他のリーダーシップメンバーと協力して、イベントの計画、活発なコミュニケーションの維持、またフレンドリーで温かいコミュニティづくりを促進する人。

    アシスタントオーガナイザーは、すべてのメンバーにメール送付ができるが、グループの外観、プライバシー設定、また財務を変更・管理する権限は与えられない。

    イベントオーガナイザー: イベントのいいアイデアが豊富で、かつ細かいことに気を配れる主催者になれそうなメンバーがいるなら、イベントオーガナイザーに任命してみては。

    イベントオーガナイザーは、グループの理念を理解しているメンバーで、それに即したMeetupイベントのみを計画する役。

    彼らの権限は、カレンダーの管理とメンバーへのオンライン上でのメール送付に限られるが、実際のイベントの場でも信頼できる人であるべき。

    リーダーとなるべき人材を見極める

    直ちにリーダシップチームに入りたいと希望するメンバーがいる場合もあれば、候補のメンバーにあなたからお願いする場合もありえます。

    担ってほしい責任を伝えよう。決定前のチェックリスト:

    その人はあなたのMeetupグループの価値観を体現している?皆に話しかけ、会話を盛り上げられるようなメンバーを見つけよう。

     

    その人はイベント案を豊富に提案してくれる?実際に活動に移せるようなアイデアや提案を持ってきてくれる人は、優れたリーダーの素質アリ。

    いつでも変わらずあなたを応援してくれている人は誰?その人たちを選ぼう。

    メンバーにリーダーシップの役職を与える手順は、ヘルプセンターから。

    リーダーシップチームを構築するには
  •  

    カレンダーにイベントが掲載され、参加申込も入り始めた!でも、どうやったら実際にイベントに来てもらえるんだろう?

    コミュニケーションが鍵。一緒の時間を過ごすのを心待ちにしていることを伝えよう。



    実際に会う前に信頼を築く

    Meetupイベントのページにコメントを載せよう。「どんな醸造のビールをテイスティングしてみたい?」「このハイキングコースを歩いたことある人いる?」など、質問を振るのはグッドアイデア。実際に顔を合わせる前に、会話を弾ませておこう。

    新メンバーや初参加者には個人的なメッセージを送る

    新メンバーにもうすぐ新しいMeetupイベントが開催されると知らせよう。

    初参加のメンバーには、会えるのを楽しみにしていることを伝え、またお互いを見つけ合うための目印を確認しておこう。歓迎されていることがわかれば、「やっぱりやめた」ということになりにくいはず。

    参加申込者と連絡を取り合う

    参加申込全員にメールしておこう。「水出しコーヒーとハンドドリップの優劣について熱く語ろう」とか、「新しいブーツを履き慣らすのを楽しみにしています」など、さりげなくイベント内容を入れ込むのがグッド 。

    コミュニケーションの頻度には要注意。誰でも受信トレーはいっぱいなもの。たくさんメールを送りすぎると重要なお知らせに目が行かなくなります(または、とたんに送信停止されてしまうかも)。イベント前に1〜2通を目安に。

    誰もが参加できるMeetupイベントにする

    自分がイベントの取りまとめで余裕がなくなりそうな場合、社交的な他のメンバーに新メンバーのケアをお願いしておこう。

    リーダーシップチームがあるなら、この機会に彼らに活躍してもらい、自分たちのコミュニティの良さを伝えてもらおう。

    誰が参加しようとも、一回一回のMeetupイベントを大事にする

    イベント後には写真をシェアして、楽しかったこと、新しく習ったことなどを祝おう。

    今後のアクティビティのアイデアを訊ねたり、次のMeetupイベントをカレンダーに載せたり、記憶が新しいうちに次回への参加を呼びかけよう。

    どうやったら実際に参加してもらえるの?
  • Meetupサイト上やGoogleなどの検索エンジンでグループのランキングを改善するために、特別な秘密などありません。トップランキングを目指すには、Meetupグループのページが興味深く共感を呼ぶものであり、Meetupイベントに関する有益な 情報が掲載されていることが最善の方法です。検索アルゴリズムは、特定のキーワードを検索するユーザーに最も適したもの、そして最も役立つと思われるものを検索結果として表示します。

    Meetupグループの関心トピックセクションは、検索エンジンにもユーザーの検索にも役立ちます。グループに関連性のあるトピックにタグを付けると、関心を持つメンバーの検索結果に表示される機会が増大します。

    関心トピックは、Meetupホームページのこのグループの関心トピックセクションに表示されます。Meetupのグループの関心トピックは、絶対的なものではありません。いつでも変更することができます。 Meetupグループの関心トピックを編集すると、ランキングが向上するかもしれません。

    関心トピックには、具体的な情報を入力すると、Meetupサイトや検索エンジンでグループが適切なユーザーに表示される機会が増大します。

    Meetupグループが最も情熱を傾けていることが、より伝わりやすくなるためのコツをご紹介しましょう。

    Meetupグループ名に位置情報を含め、主な関心トピックに基づいて名前を付けること

    誰しもクリエイティブでありたいと願うものですが、検索エンジン最適化の観点から理想的なグループ名は、非常にシンプルで、グループの特徴を正確に反映する名前です。アイディアを練る上で役に立つ簡単な公式をご紹介します。

    位置情報 + グループを説明する数語 + Meetup

    • ブルックリン在住グラフィックデザイナーMeetup
    • シカゴビーガン料理Meetup
    • パークスロープ新米ママMeetup

    グループの説明には、まず最初に短い要約を記載します。熱中していることを友人に

    真剣に伝えるつもりで書いてみましょう。最もおもしろくて大切なことだけを短い言葉にまとめます。

    全体で50文字程度にまとめましょう。例:「ロマンス小説の愛好家グループです。地元の喫茶店で、大好きな本や作家について語り合いましょう。」

    短く優しい説明にすると、検索結果で見つけたユーザーは興味をひかれます。そして、このMeetup グループへのリンクをクリックすると表示されるページも想像できます。ユーザーが頭をひねってしまうような曖昧な内容だと、第一印象が良くありません。

    グループの説明は慎重に、細心の注意を払って記入しましょう

    Meetupグループの説明の後半には、グループに参加すべき人、メンバーになるとできること、グループの活動内容を記載します。 グループの説明を書くコツで、さまざまなアイディアをご確認ください。

    グループのすべてを世界中に宣伝する必要はありません。関連性の高い情報を確実に記載することは重要ですが、情報過多には注意しましょう。説明が詳しすぎると、グループに参加する可能性のあるユーザーも圧倒されてしまいます。グループの説明は、一度に完璧に仕上げなくても、いつでも編集することができます。

    ボーナスポイント: 他のサイトでMeetupグループへのリンクを追加

    検索エンジンでは、インターネット上の他のサイトにリンクがあるかどうかにより、特定のサイトの有用性が判断されます。自分のブログにMeetupグループへのリンクを投稿したり、Meetupグループのリンクを友達のサイトに掲載してもらったりすると良いでしょう。

    この作業に熱中しすぎて寝不足にならないよう気をつけてください。有用でも、やり過ぎすると逆効果です。過剰なリンク投稿があると、スパムを疑われる危険性があります。

    ズルはいけません

    非表示のキーワードリストやコンテンツの繰返しなどを使って、システムを操作しようとする人もいます。が、このような姑息な方法は必要ありません。興味を持ったユーザーがグループに参加するかどうかを判断しようとするとき、キーワードの羅列や文字化けしたテキストは役に立ちません。検索エンジンでは、ユーザーがリンクをクリックして詳細を読んだ時に喜んでもらえるよう結果が表示されるのです。ユーザーがクリックした後に、求めていたものとは関係がないリンクだったため「戻る」ボタンを押すことは、意図されていません。

    反復的なコンテンツや「人間には読めない言語」など、検索エンジンを騙すよう設計されたページを作成すると、そのMeetupグループは掲載対象外となり、検索結果から完全に削除されます。これは、検索エンジンだけでなく、Meetupサイトの検索機能においても同様です。ユーザー全員が、公平かつ規則に則ってコミュニティ活動を実行していただけるようご協力お願いいたします。

    MeetupグループのためのSEO
Meetup Organization Network logo

Want to learn more in person. Join the orgaizer network and see if there is a real life Meetup happening around you. There be people who have done this before, ready to help and you can be part of something special.

Join the org network