• Meetupサービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • クッキーポリシー
  • MeetupのAPIを使用すると、Meetupのデータおよび開発者ツールを利用してコミュニティグループに関連するアプリケーションの開発をより簡単に行うことができます。APIの正当な商業利用は認められています。Meetupのサービス利用規約第5.8条で、当社APIの限定的な使用許可が開発者に対して与えられています。正当でないAPIの商業利用は認められません。Meetupのメンバーを尊重し、ユーザー体験の向上を目標としてください。以下は認められる利用の例です。

    「正当な商業利用」とは基本的に、Meetupプラットフォームまたはその要素を特化したバージョンの作成、あるいはプラットフォームに追加機能を構築するなど、Meetupユーザー体験を向上するための利用を指します。正当な商業利用の具体例として、 プラットフォームで提供されないアプリの機能の利用者に課金する、またはMeetup APIと連携していないアプリの一部についてユーザーに課金する、などがあります。

    「正当でない商業利用」とは、一般的にプラットフォームおよびその重要な大部分を複製する、Meetupのユーザー体験を妨害する、またはメンバーに誤解、混乱、驚きを与えることを指します。正当でない商業利用の具体例として、以下が挙げられます。

    • 長期間にわたりデータをキャッシュするため、データが最新かつ正確でない
    • MeetupのAPIを販売、リース、サブライセンスする
    • メンバー情報へのアクセスを有料で提供する
    • Meetup APIに統合したアプリケーションの一部についてユーザーに課金する
    Meetup API ライセンスガイドライン
  • サービス利用規約は、メンバー同士の間に直接契約関係を結ぶものではなく、Meetup社と個々のメンバーとの契約です。

    Meetupのすべてのメンバーが当社のサービス利用規約に同意しますが、その契約は当該メンバーとMeetupの間で締結されます。サービス利用規約には、間接的に複数のメンバーに当てはまる条項もありますが(セクション6の譲渡など)、このような条項はMeetupと当該メンバーの間で直接締結される契約の一部であり、個々のメンバー間の契約ではありません。
     
    サービス利用規約とは、オーガナイザーとメンバーの間に結ばれる契約ですか?
Meetup Organization Network logo

Want to learn more in person. Join the orgaizer network and see if there is a real life Meetup happening around you. There be people who have done this before, ready to help and you can be part of something special.

Join the org network