• オーガナイザーには、Meetup Proの中央コミュニケーションツールを使ってネットワークのメンバーに働きかける手段が数多く用意されています。メッセージを個々のメンバーに送ることも、一部のメンバーグループに一度に送ることもできます。メッセージツールを使うには
    1. Meetup Proのアカウントにログイン(www.meetup.com/pro)し、Proの管理者ページの「メンバー」タブに移動します
    2. グループメッセージに含めたいメンバーを選択します
      1. フィルターされたリストから個人(または個人のグループ)を選択するには、メンバーの名前の隣のチェックボックスを使います。
    3. メッセージを送信するには、ページの上部の「新規メッセージ」をタップします。メッセージを入力し、「プレビュー」、「送信」の順にタップします。
    4. メッセージはメールとして送信され、メンバーはあなたのMeetupアカウントに登録されているメールアドレスに直接返信することができます。

    コミュニケーションの履歴を表示するには、ページの上部の「送信済みメッセージ」のリンクをタップします。次のページには、このツールを使って送信したメールの日付、件名、内容が表示されます。受信者リストが表示され、特定のメールの件名の上の「送信先:[x]」をタップすれば、メールを再送することができます。

    ご注意ください:中央コミュニケーションツールを使うには、管理者アクセスが必要です。また、共同オーガナイザーもグループレベルのメンバーに連絡することができます。
     
    Meetup Proの中央コミュニケーションツール
  • すでに強力なMeetupネットワークを構築しており、オーガナイザーや共同オーガナイザーを務めるMeetupグループを統合する必要がある、またはスポンサーになりたい場合は、
     
    現在オーガナイザーを務めるグループをリンクしましょう。
    1. Meetup Proのアカウントにログインします(www.meetup.com/pro
    2. Pro管理者ページの「グループ」タブを開き、「グループをリンク」をクリックします
    3. 次のページで、リンクしたいMeetupグループの横にある「接続」をクリックします
    *リンクするMeetupグループ毎に、この手順を繰り返す必要があります。

    ご注意ください: Meetupリストがページに表示されない場合は、「メイン」アカウントとして使用しているアカウントがMeetupグループのメインオーガナイザーではないことを意味します。現在主宰しているMeetupグループが別のアカウントで登録されている場合は、このページ の手順に従い、その所有権をメインアカウントに移転する必要があります(お使いのアカウントとメインオーガナイザーのアカウントの両方で操作が必要です)。

    現在オーガナイザーでないグループをリンクする
    1. このページ の手順に従い、既存のアカウントの所有権をメインアカウントに移転します(Meetup Proの管理者および現在のメインオーガナイザーのアカウントの両方で操作が必要となります)
    2. Meetup Proのアカウントにログインします(www.meetup.com/pro
    3. Pro管理者ページの「グループ」タブを開き、「グループをリンク」をクリックします
    4. 次のページで、リンクしたいMeetupグループの横にある「接続」をクリックします

    * リンクしたいMeetupグループ毎に、この手順を繰り返す必要があります。
     
    MeetupグループをMeetup Proネットワークにリンクする
  • 地域のリーダーを指名して良質な説明文を作成すると、最初のMeetupグループをスタートできます。 

    方法は次の通りです:
    • Meetup Proのアカウントにログインします(www.meetup.com/pro)
    • Pro 管理者ページの「グループ」タブを開き、「グループをスタート」をクリックします
    • 関心トピックを追加します
    • コミュニティに知らせる説明文を書きます:
      • 対象者: 参加に適したメンバーの説明。
      • 参加理由: 何かを学ぶため、新しいスキルを身につけるため、または楽しむため
      • 参加メンバーがグループに期待できること:典型的な活動を説明
     次に 
    • グループは Meetupコミュニティチームにより審査されます。Meetupを承認するために、さらに情報が必要な場合は、連絡が取られますー当社からのメールにご注意ください。
    • Meetupグループが承認されると、ネットワークでにすぐに告知されます。
    • 忙しい活動が始動しますので、最初のイベントをできるだけ早く作成/企画しましょう。

     

    新しいMeetupイベントを Meetup Proアカウントに追加するには?
  • Meetup Proのアカウントが使えるようになりました。次に何をしたらよいでしょうか? 

    • まずは小さな一歩から - プログラムを立ち上げることができそうな都市を特定します。受容性のあるオーディエンスがいる都市と、地域での活動を主導するリーダーを選びます。
    • 直ちに全力で進める準備 - 将来的な成長プランを立てながら、最初にMeetupイベントを数回企画して、グループの活動と交流が滞らないようにします。Meetupイベントは、グループ設立後早めに、そして頻繁に開催されるほど、成功する確率が高まります。
    • Meetupネットワークのブランド化 -  Meetupグループを上手に 説明 することが非常に重要です。ネットワーク全体に渡り、Meetupグループやイベントに一貫性のあるルック&フィールを維持することも、同様に重要となります。Meetup Proでは、ネットワークレベルだけでなく個々のグループレベルでも、あなたの組織を映し出す外観を作成することが可能です。
    • 将来的な成長プランを策定 - 追加する都市を特定し、地元のリーダーを探します。


    最初のグループ(およびすべての追加グループ)を始動させるには、Meetup Proアカウント(www.meetup.com/pro)にログインし、Pro管理者ページの「グループ」タブを開き、「グループを始める」をクリックします。すぐにMeetupのコミュニティに新しいグループが 告知 され、忙しい活動が始まります。

    Meetup Proネットワークの始動に向けた準備
  • チームを見つけたら、 次はその成功のお手伝いをしましょう。

    Meetup Proネットワークの範囲を拡大するために地域の優秀なリーダーを確保できたら、ミッション達成のために彼らをサポートしましょう。選んだリーダーがユニークなスキルやアイデアをMeetupイベントに還元してくれます。次の手順を参考にすると、次々にすばらしい経験を生み出すことができます。

    1_hjYS7UMuYnSrcPpakfJIhA.jpeg

    オーガナイザーガイドのレビュー

    オーガナイザーは、Meetup内外でさまざまな経験をしています。 Meetupのオーガナイザーガイド には、コミュニティを運営するためのインスピレーションやベストプラクティスが満載です。

    オーガナイザーネットワークにジョイン

    全員がイベント主催のエキスパートというわけではないため、現実世界でのアドバイスをもらうと良いでしょう(特にオーガナイザーが遠くに住んでいる場合)。 Meetupのオーガナイザーネットワーク は、地域のMeetupオーガナイザーを支援するためにあります。

    バディシステムの利用 

    すでにローカルオーガナイザーがいる場合、「バディシステム」を作成してベテランのオーガナイザーと新米リーダーを組ませましょう。毎週、少し時間をとって交流し、リソースのシェアやマイルストーンのお祝いに利用します。

    ツールキット の作成

    次の要点について文書を作成すると一貫性を保つことができます。

    • イベント主催におけるベストプラクティスと実例
    • トップリソース
    • ブランドまたは会社のガイドライン
    • コミュニティポリシーや重要事項

    連絡を取る 

    リーダーとお互いに連絡やシェアをしやすいようにしましょう。

    • Slack のチャンネルを作成して、ローカルオーガナイザー全員とすばやく連絡を取る
    • リーダーシップチーム全体と定期的にビデオ通話を行いましょう。Google Hangouts または Zoomなどの無料サービスを利用できます。

    成功のお祝い

    ポジティブなフィードバックは、建設的なフィードバックと同様に不可欠です。トップリーダーをお祝いしたり気持ちを高めたりする方法を見つけましょう。

    • 優秀なオーガナイザーを組織のソーシャルメディアのページでハイライトする
    • 戦略と写真を他のオーガナイザーとシェアする
    • Tシャツ、ステッカー、キーホルダーなど、ブランド独自の販促品を贈りましょう!
    Meetup Pro: ローカルオーガナイザーを育てるには
  • ネットワークの拡大は不可欠ですが、1人では実現できません。 

    個人経営の会社でも大企業でも、ローカルリーダーをうまく活用して、現場で企業のミッションを代行してもらうとリーチを拡大することができます。

    1_EpMrlWqP4imtCP5GAcXQPA.jpeg

    現在のコミュニティへ依頼

    メンバーがすでにミッションを支援している場合、規模拡大のための一員になってもらえるか頼んでみましょう。誰も知らない都市でMeetupイベントを始めようとしている場合は、募集しましょう。

    Proコンソールにある「メンバー」タブを利用し、既存のMeetupイベントのリーダーになってくれる人を見つけましょう。事前に設定されたフィルターにより、最後にログインした時間に基づいて最もアクティブなメンバーを見つけたり、メンバーの過去のMeetupイベントに参加した回数を見たりできます。

    アプリケーションの勧め

    オーガナイザー候補がたくさんいる場合、確認に苦労するでしょう。Google Forms または Typeformのようなオンライン上の作成アプリを利用して情報収集と分析をしましょう。

    いくつか質問を書いておくと 優秀なリーダーの基準を満たす人物を選ぶのに役立ちます。

    • この機会のどのようなところにそそられますか?
    • [あなたの会社またはブランド]でどのような経験をしましたか?
    • オーガナイザーとしてどれくらいの時間を割けますか?

    Meetupイベントの運営者になる人と今後メンバーになる人との対立を取り除きやすくしておきましょう。

    「検索」 ページで見つける

    Meetupの「検索」ページは、他サイトにあるアクティブなコミュニティを見つけるためのすばらしいリソースです。これを利用して、自分のミッション、ビジネスや目標にすでに合致しているアクティブなMeetupグループを見つけましょう。行きたい範囲の近くにある、優秀なオーガナイザーがいるグループを探しましょう。

    Meetupグループの運営方法にご注意ください:

    • オーガナイザーは反応してくれますか?
    • カレンダーに活動中のMeetupイベントがたくさんありますか?
    • そのMeetupにアクティブなメンバーはいますか?

    他のMeetupのオーガナイザーやグループが基準を満たしていると思ったら、サイト上で礼儀正しくメッセージを送り、その都市にあるMeetup Proのネットワークの一端を担うのに興味がないか聞いてみましょう。

    「検索」ページの利用法の詳細については「ヘルプセンター」をご覧ください。

    ソーシャルメディアの利用

    ソーシャルメディアのページで募集をしてください。リーダー候補の条件を2つから3つ掲示しましょう。次のようなロジスティクスを考慮しましょう:

    • 一週間に割ける時間
    • 会場
    • 今までの経験

    Facebookのページ、Twitterのタイムライン、Instagramのフィードなどで投稿し、探しているものをシェアしましょう。

    適した人物を見つけたら、ネットワークが成長していくにつれて、オーガナイザーを育成したり、気持ちを高めたり、成功を祝ったりできるようになります。

    Meetup Pro: ローカルオーガナイザーを見つけるには
Meetup Organization Network logo

Want to learn more in person. Join the orgaizer network and see if there is a real life Meetup happening around you. There be people who have done this before, ready to help and you can be part of something special.

Join the org network