• ご注意ください: カンパは現在米国のMeetupイベントやグループでのみご利用いただけます。

    オーガナイザーやリーダーシップチームは、Meetupグループにかかる費用を自身で負担する必要はありません。カンパはメンバーが選択できる、任意の一括払いによる募金であり、メンバーが好きなMeetupグループを支援する手段の一つです。

    Meetupへのカンパを許可するかどうかは任意です。カンパを許可してもしなくても、無料のMeetupグループは無料のままで、会費のあるMeetupグループは会費が請求され続けます。

    カンパは、新しいMeetupグループすべてで自動的に利用できるようになっていますが、オーガナイザーはいつでもカンパを無効にしたり再度有効にしたりすることができます。

    Meetupグループへのカンパを集める準備はできましたか?こちらのヘルプセンター記事で必要な情報をすべてご確認ください。

    オーガナイザーは、カンパを集めるにあたりWePayアカウントを作成する必要があります。ご注意ください: すべてのカンパに少額の取引手数料がかかります。支払い処理のサービス料として、WePayにより2.8% + 0.30ドル、Meetupにより4.7% + 0.20ドルが徴収されます。

    カンパとは?
  • ご注意ください: イベント参加費を請求する際は、デスクトップウェブ版のMeetupをご利用ください

    イベント参加費は、Meeupグループの出費の支払いや主催者への謝礼金として利用されます。イベント参加費を少額に設定しても、参加申込するメンバーの出席を増やすのにお勧めです。

    今後のMeetupイベントの参加費を設定するには:

    1. Meetupグループのページへアクセス
    2. 企画選択します
    3. Meeupグループの詳細を入力します
    4. 下へスクロールし、追加設定へ進みます
    5. 料金設定オプションを切り替えます
    6. 支払い方法選択します: 現金またはクレジットカード
    7. 通貨金額承認します
    8. 返金に応じる状況に対応するため追加の返金規定加えます
    9. 発行選択します

     

    米国のオーガナイザーへの情報: 取引手数料

    米国のオーガナイザーがチケットごとに請求した合計金額から、少額の取引手数料をいただきます。下記の計算式で、希望している金額を集めるために徴収すべき金額を計算してください:

    請求金額 =(ご希望の請求金額 + 0.50ドル)/ 0.925

    例:Meetupに参加の意志を示した人から参加費を$10ずつ集めたい場合、各参加者から$11.35徴収する必要があります。

    取引手数料の詳細についてはこちらをご確認ください:

    アメリカ合衆国: WePay取引手数料

    米国以外の国: PayPal取引手数料

    Meetupの参加費はどのように徴収すれば良いですか?
  • 一部のオーガナイザーは、Meetupグループの会費を集めることができます。

    会費は、プロジェクトの提供、スペースのレンタルや軽食などMeetupイベントに関わる費用をまかなうのに利用できます。またオーガナイザーは会費を利用してオーガナイザー会員費を補うこともできます。

    会費を集めるかどうか、そしてその使途は、完全にオーガナイザーの判断に任せられています。

    ご注意ください: Meetupは、そのような資金の設定、集金、分配または管理に関与いたしません。オーガナイザーとメンバー間での厳密な金融協定であるからです。

    メンバーから会費を集金するには LINK TOS
  • ご注意ください:WePayは、米国内のMeetupメンバーのみ利用できます。米国外のメンバーは、PayPalアカウントの設定の記事を参考にしてください。[新しい記事へのリンク].

    WePay決済システムは、Meetupのプラットフォームと完全に統合されており、会費、イベント料金、カンパの収集が容易になります。初めてメンバーの支払いを処理する際に、WePayアカウントが自動的に作成されます。引き続き支払いを受け取るには、支払い機能を有効にしてから30日以内にWePayアカウントの確認を行う必要があります。

    WePayアカウントの確認を行った後は、すべてのメンバーからの支払いを自動的に受け取ることができます。30日以内にWePayアカウントの確認を行わなければ、この期間に行われた支払いは、支払日の15日後にメンバーに払い戻されます。

    WePayに必要となる情報:

    • 個人情報: 法律上の実名、住所、生年月日、電話番号、社会保障番号
    • 銀行口座情報: 銀行支店コード、口座番号、銀行名

    複数のMeetupグループのオーガナイザーの場合は、管理する各グループ毎にこの手順を行う必要があります。

    デスクトップ版でWePayアカウントの確認を行うには:

    1. Meetupグループのホームページを開きます
    2. その他を選択し、財務を選びます
    3. WePayを開くを選択します(WePayのサイトにリダイレクトされます)
    4. Meetupのメールアドレスとパスワードを入力し、WePayにログインしますご注意ください:「登録する」をクリックしないでください。二重にアカウントを登録することになります。)
    5. 次の画面で、今すぐ確認するをクリックします
    6. 個人情報を入力し、次へをクリックします
    7. 銀行をリンクするを選択します
    8. 銀行口座の情報を入力し、WePayからの入金頻度を選択します
    9. 続けるを選択し、次に終了を選択します(Meetupグループのホームページに戻ります)

    WePayでは、支払い処理のサービス料として、支払い額の2.8%+ $0.30を課金しています。Meetupでは、サイト外の支払い処理では実現することが不可能な統合された便利な機能を提供するために、4.7%+ $0.20米ドルのサービス料を差し引きます。

    WePayは業界標準のデータセキュリティプロトコルに準拠しており、お客様の情報は保護されています。WePayは、処理プロセスおよびシステムに関する年1回の独立したセキュリティ監査を受ける認定レベル1のPCIに準拠するサービスプロバイダーです。

    WePayのセキュリティの詳細についてはこちらをご参照ください。

     

    WePayアカウントの設定
  • Meetupグループのメインオーガナイザーは、オーガナイザー会員プランの会費を支払います。すべてのMeetupグループは、会員プランが有効なローカルオーガナイザーによって運営される必要があり、有効なオーガナイザーがいないグループは、オーガナイザーがいない状態が14日間続くと閉鎖されます。

    有効なオーガナイザー会員であるがMeetupグループのメインオーガナイザーでない場合、その会員プランではMeetupグループを支援することはできません。会員プランを利用して自分のMeetupグループを開始、運営することは可能です。また、ご希望であれば、単純に会員プランをキャンセルすることもできます。

    オーガナイザーになることに興味がある場合は、地域の現在の利用料金オプションをご確認ください。また、オーガナイザーの多くは、費用をまかなうためにカンパ会費イベント料金などを グループメンバーから集めることが可能です。

    Meetupグループの料金を負担するのは誰ですか?
  • ご注意ください: WePayは、米国内在住のMeetupメンバーのみ利用可能です。米国外にお住まいのメンバーは、PayPalアカウントの設定に関する記事をご参照ください。 [新しい記事へのリンク]

    WePay決済システムは、Meetupのプラットフォームと完全に統合されており、会費、イベント料金、カンパの徴収が容易になります。初めてメンバーからの支払いを処理する際に、WePayアカウントが自動的に作成されます。引き続き支払いを受け取るには、支払い機能が有効になってから30日以内にWePayアカウントの確認を行う必要があります。

    WePayアカウントの確認を行った後は、すべてのメンバーからの支払いを自動的に受け取ることができます。30日以内にWePayアカウントの確認が行われない場合、この期間に行われた支払いは支払日の15日後にメンバーに払い戻されます。

    WePayに必要となる情報:

    • 個人情報: 法律上の実名、住所、生年月日、電話番号、社会保障番号
    • 銀行口座情報: 銀行支店コード、口座番号、銀行名

    複数のMeetupグループのオーガナイザーの場合、管理する各グループについてこの手順を行う必要があります。

    デスクトップウェブでWePayアカウントの確認を行うには:

    1. Meetupグループのホームページを開きます
    2. その他を選択し、財務を選択します
    3. WePayを開くを選択します(WePayのサイトにリダイレクトされます)
    4. Meetupのメールアドレスとパスワードを入力し、WePayにログインします(ご注意ください:「登録する」をクリックすると、アカウントを二重に登録することになります。)
    5. 次の画面で、Verify now(今すぐ確認する)をクリックします
    6. 個人情報を入力し、次へをクリックします
    7. 銀行をリンクするを選択します
    8. 銀行口座の情報を入力し、WePayからの入金頻度を選択します
    9. 続けるを選択し、次に終了 を選択します(Meetupグループのホームページに戻ります)

    WePayにより、支払い処理のサービス料として、支払い額の2.8%+ $0.30が徴収されます。Meetupでは、オフサイトの支払い処理では実現できない便利な統合機能を提供するため、4.7%+ $0.20のサービス料を請求いたします。

    WePayでは、業界標準のデータセキュリティプロトコルに従い、お客様の情報を保護しています。WePayは、処理プロセスおよびシステムに関する年1回の独立したセキュリティ監査を受ける認定レベル1のPCIに準拠するサービスプロバイダーです。

    WePayのセキュリティに関する詳細はこちらをご参照ください。

    WePayアカウントを設定するには
  • ご注意ください: 会費およびイベント参加費はデスクトップブラウザからのみ返金可能です。

    MeetupとWePayによって、オーガナイザーが会費およびイベント参加費を簡単に返金することができます。加えて、メンバーへ支払金を返金する必要がある場合、取引手数料が常に100%返金されます。

    取引から90日未満の場合:

    1. Meetupグループのホームページにアクセスします
    2. 「その他」選択し、「財務」を選びます
    3. 下へスクロールして「すべてのお取引履歴」から返金する必要がある支払いを見つけます
    4. 取引の右にある矢印選択します
    5. 「はい、確かにそうです」選択して返金を確定します

    取引から90日以上経っている場合、WePayアカウントから返金する必要があります:

    1. Meetupの「財務」ページから「WePayへアクセス」をクリックしてWePayにログインします
    2. 返金したい支払いと関連するMeetupグループの名前をクリックします
    3. 特定の取引を選択もしくは「すべてのお取引履歴を見る」をクリックし、特定の日付範囲を探します
    4. 返金したい取引をクリックします
    5. 表示される「取引の詳細」にある「返金する」をクリックします; 確定ページへ移り、「返金の確定」を行えます

    MeetupとWePayを通じて行われたすべての返金は、Meetupの「財務」ページに表示されます。

    WePayを通じて会費およびイベント参加費を返金するには
Meetup Organization Network logo

Want to learn more in person. Join the orgaizer network and see if there is a real life Meetup happening around you. There be people who have done this before, ready to help and you can be part of something special.

Join the org network